アパートの賃借人や同居人が室内で自殺した場合の損害賠償額について|馬込沢の不動産 八秀不動産株式会社

お電話でのお問合せ

047-430-5572

【営業時間】11:00~17:00 【定休日】火曜日・水曜日

2020年08月23日

アパートの賃借人や同居人が室内で自殺した場合の損害賠償額について

賃借人や保証人は賃貸人に対して一定額の損害賠償をする必要があります。

賃貸の場合は売買と違って、一定期間の経過とともに自殺による嫌悪感や 嫌忌感が薄れると考えられているそうです。一定期間の目安は3年、1年目は家賃の全額、2年目3年目は家賃の半額が賠償額の目安になっているようです。


以上は弁護士による宅地建物取引士・法定講習での講義内容の一部です。


☆ 賃貸の場合はだいたい3年位で、嫌悪感や嫌忌感が薄れると言ってますが、不動産価値は下がるのではないでしょうか。売買の場合は7年経っても、10年経っても嫌悪感や 嫌忌感が薄れないとの説明がありました。これは売買取引での告知事項にあたると思います。
 

ページの先頭へ