「不動産の広告をするときは、媒介契約書を締結しなければなりませんか?」

お電話でのお問合せ

047-430-5572

【営業時間】11:00~17:00 【定休日】火曜日・水曜日

2021年03月31日

「不動産の広告をするときは、媒介契約書を締結しなければなりませんか?」

知り合いの不動産業者(不動産管理業者)から確認の問い合わせがありました。

通常は売主様から売却の依頼を受け、媒介契約を締結してから、調査をし販売図面作成後に、広告等の販売活動をします。 当然、媒介契約締結するものだと思っていましたが、あらためて法的根拠・規制を聞かれたので、宅地建物取引業法を調べてみました。
 

1. 売主様からの口頭による売却依頼・広告承諾だけではだめです。 宅地建物取引業法の34条と34条の2に定められています。

   (1)広告をするときは、取引態様の明示をしなければならない。

   (2)媒介契約をしたときは、書面を作成し記名押印をしなければならない。

 

2.  念のため不動産流通推進センターの相談窓口で聞いてみましたが、上記 1. と同様の回答でした。

不動産流通推進センターとは不動産業の近代化を推進するための組織で、1980(昭和55)に設立された公益財団法人。


ページの先頭へ