65歳以上の高齢者の15%が認知症。軽度認知障害を加えると約28%が認知症や認知症予備軍だそうです。

お電話でのお問合せ

047-430-5572

【営業時間】11:00~17:00 【定休日】火曜日・水曜日

2021年11月10日

65歳以上の高齢者の15%が認知症。軽度認知障害を加えると約28%が認知症や認知症予備軍だそうです。

火曜・水曜が定休日なので、不動産保証協会主催のPCによる法定講習(eラーニング)を受講しました。この研修では講師(3)の講義(60~90)を動画で視聴し、講義の終わりにはテストもあるというものでした。コロナ前には幕張の会場に千葉県の会員が集まり受講すればよかったのですが、このPCによる法定講習はハードでしたが実務に役立つ有意義な講習でした。


全て為になる講義でしたが、特に「高齢者取引・代理人との取引の留意点」の講義は裁判事例の紹介もあり当社にとっては、日々直面しているタイムリーなものでした。


65歳以上の高齢者の15%が認知症。軽度認知障害を加えると約28%が認知症や認知症予備軍だそうです。65歳以上で28%ですから、80歳以上だとどうなるのでしょうか。

当社は売主様が個人の場合のお取引が多く、最近は売主様がご高齢のケースが増えてきました。日々、高齢者の不動産取引の問題に直面しています。


以下、当社のブログでも何回か取り上げています。

(1)「所有者が高齢だったり、病院や施設に入っている場合の不動産売買」 https://hasshuu.com/cms/slog/entry/148

(2)「最近の不動産取引では、売主様がご高齢のケースが増えてきました。」httpse://hasshuu.com/cms/slog/entry/103

(3)「母親が認知症で、自宅を売却できない?」 https://hasshuu.com/cms/slog/entry/19
 

ページの先頭へ