不動産の取引時にお客様から「消費税」「領収書の印紙税」や「固定資産税等の清算」に付いて、よく聞かれま

お電話でのお問合せ

047-430-5572

【営業時間】11:00~17:00 【定休日】火曜日・水曜日

2022年02月28日

不動産の取引時にお客様から「消費税」「領収書の印紙税」や「固定資産税等の清算」に付いて、よく聞かれま

A.不動産の売買は消費税がかかりますか?

(1)個人が売主の場合は消費税がかかりません。

(2)土地の売買は売主が個人でも法人でも、消費税がかかりません。


B.売買契約書の印紙は必要なのに、売買代金の領収書に印紙は必要ないのですか?

(1) 営業に関するもの以外は非課税。領収書に印紙は不要です。


C.決済(物件引渡し)以降の固定資産税・都市計画税は電気・ガス・水道と同様に連絡すれば、止めてもらえますか?

(1) 市役所に連絡しても、電気・ガス・水道等と違って、固定資産税等の元栓を止めてもらう様な訳にはいきません。

(2) 11日の所有者がその年・1年分の固定資産税等を市役所に支払う義務があります。

(3) 売買契約により、決済日(物件引渡し日)で日割り計算し、各々が負担します。


上記Bに付いて

税務申告を依頼した税理士さんから、依頼者(売主)は個人であり営業に関する取引ではないのに、「領収書に印紙を貼る必要がある」と言われたなどという話を聞いたことがありますが、印紙を貼る必要はありません。

上記Cに付いて

実際に、売主様が市役所に固定資産税等の停止(元栓を止める)依頼の連絡をされたケースがありました。事態収拾の為、連絡を受けた市役所のご担当とお話をし、売主様に市役所・ご担当とのお話の要点である上記(1)(2)(3)をご説明して、ご納得頂きました。
 

ページの先頭へ