「耐震基準適合証明書」を取得すると、不動産取得税や登記費用がどの位安くなるのか、どの位お得か

お電話でのお問合せ

047-430-5572

【営業時間】11:00~17:00 【定休日】火曜日・水曜日

2022年03月27日

「耐震基準適合証明書」を取得すると、不動産取得税や登記費用がどの位安くなるのか、どの位お得か

鎌ヶ谷グリーンハイツは「耐震基準適合証明書」取得が可能です。証明書を取得すれば、住宅ローンだけでなく、不動産取得税や登記費用も減税対象になります。


住宅ローンを利用しない場合でも、不動産取得税や登録免許税(登記費用)の減税が受けられるので、鎌ヶ谷グリーンハイツご購入の時は「耐震基準適合証明書」を取得した方がお得です。


住宅取得時の減税には(1)住宅ローン控除(2)不動産取得税の減税(3)登記(登録免許税)の減税があり、住宅ローン控除はローン借入年末残高の0.7%13年間税額控除を受けられるのですが、不動産取得税や登記の減税額に付いては評価証明書に基づいて司法書士さんに聞いたり、実際に計算してみないとわかりません。


鎌ヶ谷グリーンハイツの場合、「耐震基準適合証明書」を取得すると、不動産取得税や登記費用がどの位安くなるのか、どの位お得か概算計算してみました。

◎専有面積・61.17㎡の場合、約57,000円お得です。

112,000-55,000=57,000


◇減税額は約112,000

77,000(不動産取得税)+約35,000(登記費用)=112,000

 耐震基準適合証明書(建築士さんに依頼)取得費用は約55,000

証明書代は住宅ローン分まで含めると、10~11万円位です。


令和4年度、住宅ローン控除等の税制改正

「昭和57年以降に建築された住宅」は「耐震基準適合証明書」を取得しなくても、住宅ローン控除等の減税が受けられる事になりました。

 但し、「昭和57年以前に建築された住宅」は減税適用を受けるためには今まで通り、「耐震基準適合証明書」が必要です。

減税措置の詳細は国税庁の電話相談センターにご確認お願い致します。

https://www.nta.go.jp/about/organization/tokyo/location/chiba.htm

不動産取得税については、県税事務所にご確認お願い致します。
 
松戸県税事務所・047(361)2112(代表 船橋県税事務所・047(433)1275(代表)
 

ページの先頭へ